toobridge1’s diary

静座し、松風を聴く、調息

台風19号通過したが、秋田県では、・・・

 

台風19号通過したが…交通機関に乱れ 土砂災害に警戒・秋田

10/13(日) 18:00配信

最終更新:10/13(日) 18:00
秋田テレビ

配信より

  

台風19号は13日未明に秋田県内に最も接近した。台風は正午ごろ、温帯低気圧に変わったが気象台は引き続き土砂災害などに警戒するよう呼び掛けている。
 
 各地で被害をもたらした台風19号。県内には13日午前1時ごろ最も接近し、三陸沖を抜け、正午ごろに温帯低気圧に変わった。県内は一時 雨や風が強まり、これまでに観測した24時間降水量は湯沢市湯の岱で142ミリを記録するなど、10の地点で「10月の観測史上最大」となった。
 
 こうした影響で、秋田県大仙市を流れる福部内川が一時避難が必要となる「氾濫危険水位」に達した。

 また、秋田新幹線福島県内で発生した土砂崩れの影響などで、上下合わせて19本が運休したが、午後4時過ぎに全線で運転を再開した。運休のめどが立たない中、秋田駅に来ていた東京からの観光客は「台風の影響があったので、駅のようすを見に来た。新幹線が動くのを待つしかない」と肩を落とした。一方、空の便は秋田空港大館能代空港発着の22便が欠航となった。

秋田テレビ

 

最終更新:10/13(日) 18:00
秋田テレビ

 

私のコメント :   令和元年10月14日、台風19号秋田県内は一時 雨や風が強まり、これまでに観測した24時間降水量は湯沢市湯の岱で142ミリを記録するなど、10の地点で「10月の観測史上最大」となった。こうした影響で、秋田県大仙市を流れる福部内川が一時避難が必要となる「氾濫危険水位」に達した。秋田新幹線福島県内で発生した土砂崩れの影響などで、上下合わせて19本が運休したが、午後4時過ぎに全線で運転を再開した。秋田駅に来ていた東京からの観光客は「台風の影響があったので、駅のようすを見に来た。新幹線が動くのを待つしかない」と肩を落とした。一方、空の便は秋田空港大館能代空港発着の22便が欠航となった。

 

こんな記事も読まれています