toobridge1’s diary

静座し、松風を聴く、調息

皇居で厳かに大嘗祭 14~15日、内部は「秘儀」

皇居で厳かに大嘗祭 14~15日、内部は「秘儀」

「令和」新時代
社会・くらし
2019/11/14 2:00、日本経済新聞 配信より
 
 
 
 
 
Video Player is loading.
 
Current Time 0:00
Duration 1:20
Loaded: 0%
 

 

天皇一代で一度限りの大嘗祭(だいじょうさい)が14日から、皇居・東御苑に建設された大嘗宮(だいじょうきゅう)を中心に執り行われる。かがり火の中、古式にのっとって営まれる"秘儀"の由来や意義をまとめた。

大嘗祭の起源をたどると7世紀の天武、持統天皇の時代まで遡る。即位礼と並び皇位継承に伴う重要な皇室行事で、新天皇はその年に収穫されたコメやアワなどの新穀を神前に供え、自ら食して国や国民の安寧と五穀豊穣(ほうじょう)を祈る。

■東の「悠紀」と西の「主基」

同様の祭祀(さいし)は毎年11月、皇居内で新嘗祭(にいなめさい)として営まれており、大嘗祭は新天皇が即位後初めて行う新嘗祭ともいえる。

 

大嘗祭を前に公開された大嘗宮(13日午前、皇居)

大嘗祭を前に公開された大嘗宮(13日午前、皇居)

中心儀式が「大嘗宮の儀」だ。秘儀のため内部の様子は明かされない。純白の祭服をまとった天皇陛下が、東日本の「悠紀(ゆき)地方」と、西日本の「主基(すき)地方」でとれた新穀や神酒を大嘗宮の中の「悠紀殿」と「主基殿」にそれぞれ供え、食される。

平成以降、新潟、長野、静岡から東側の18都道県が悠紀地方、この3県より西の29府県が主基地方とされる。両地方から、儀式用のコメを育てる「斎田(さいでん)」を設ける都道府県を占いで決める。焼いた亀の甲のひびで占う「亀卜(きぼく)」で、これも古式にのっとった秘儀とされ、詳細は明らかでない。今回は栃木県と京都府が選ばれた。

 

平成時の大嘗宮(1990年11月、皇居・東御苑)=共同

平成時の大嘗宮(1990年11月、皇居・東御苑)=共同

儀式に先立ち、宮内庁は特別に捕獲が認められている東京都小笠原村を通じてアオウミガメの甲を確保した。その後、都内のべっ甲職人が縦24センチ、横15センチ、厚さ約1ミリの駒形に加工した。

大嘗宮には全国の特産品も供えられる。小豆やリンゴ、昆布、茶、オリーブ、たけのこなどが各都道府県から納入された。

■費用巡り、秋篠宮さまが異例の「批判」

大嘗祭は宗教色が強い。政教分離の観点から、現行憲法下で初の代替わりとなった平成時に「公的性格を有する皇室行事」と位置づけられた。10月22日に行われた「即位礼正殿(せいでん)の儀」などの即位関連儀式が、内閣の助言と承認に基づく「国事行為」とされるのとは性格が異なる。

 

大嘗祭を前に公開された大嘗宮(13日午前、皇居)

大嘗祭を前に公開された大嘗宮(13日午前、皇居)

前回は大嘗祭に25億円超かかった。政教分離原則に抵触するとの主張で各地で訴訟も起こされたが、いずれも原告側が敗訴。大嘗祭にかかる費用を公費で賄うとの基本方針は今回も踏襲された。

これに疑義を唱えられたのが秋篠宮さまだ。2018年11月の記者会見で「宗教色が強いものを国費で賄うことが適当かどうか」「できる範囲で身の丈に合った儀式で行うのが本来の姿ではないか」と指摘。天皇家の私費(内廷費)で賄える規模にすべきだとの認識を示された。

 

 

 

政府の決定事項を皇族が公然と批判するのは極めて異例。宮内庁は費用を抑えるため、大嘗宮の規模を2割縮小したほか、建物の一部をプレハブにしたり、屋根をかやぶきから板ぶきに替えたりして簡素化を図った。

過激派の活動が活発だった前回は、妨害行為を避けるため、大嘗宮建設地の皇居・東御苑を全面休園にして部外者の立ち入りを厳重に制限した。今回は大嘗祭直前までフェンス越しに工事の様子を見られるようにするなど、国民の理解を得るための工夫もみられた。

■儀式終了後は宴席も 一般公開後に解体

大嘗宮の儀を終えた後の16日と18日には、参列者に天皇陛下がお酒や料理を振る舞われる「大饗(だいきょう)の儀」が催される。宮殿で最も広い「豊明殿」が会場で、儀式で使うコメなどを育てた栃木県と京都府の四季を描く「悠紀・主基地方風俗歌屏風」や、日本画家の今尾景年筆の墨絵「錦軟障(にしきのぜじょう)」(高さ約3.6メートル、幅約9.3メートル)などが飾られる。

 

平成の代替わり時の大嘗祭(1990年11月22日、皇居)

平成の代替わり時の大嘗祭(1990年11月22日、皇居)

招待客には大嘗祭や毎年の新嘗祭で神前に供えられる「白酒(しろき)」と「黒酒(くろき)」と呼ばれる酒も出る。白酒は白米から造る濁り酒で、久佐木(くさぎ)というクマツヅラ科の落葉樹の炭で着色したものが黒酒となる。

会場内に設置される舞楽台では舞も披露される。そのうち、「久米舞(くめまい)」は日本で最も起源の古い歌舞とされ、武官の装束を着用した踊り手が太刀を抜いて勇壮に舞う。

五節舞(ごせちのまい)は平安時代から大嘗祭などで演じられており、装束姿の女性たちが華麗に舞う。中世に廃れたが大正時代に再興された。

一連の儀式が終わった後、大嘗宮は11月21日から12月8日まで一般公開される。東御苑のモミジなどの紅葉とあわせて楽しむこともできそうだ。一般公開後は解体される。

 

私のコメント :  令和元年11月14日、皇居で厳かに大嘗祭 14~15日、内部は「秘儀」 

 

f:id:toobridge1:20191114065813j:plain

f:id:toobridge1:20191114065857j:plain

 

f:id:toobridge1:20191114091608j:plain

 

f:id:toobridge1:20191114091639j:plain

 

f:id:toobridge1:20191114065936j:plain

 

13日の米株式市場で米ダウ工業株30種平均は上昇し、前日比92ドル高の2万7783ドルで終え、2日ぶりに過去最高値を更新した

NY最高値も米中協議懸念 LINE注目(先読み株式相場)

2019/11/14 、日経QUICKニュース 配信より
 
 
14日の東京株式市場で日経平均株価は上値の重い展開か。米連邦準備理事会(FRB)のパウエル議長の議会証言を受けて前日にダウ工業株30種平均が過去最高値を更新し、東京市場でも運用リスクをとる動きが広がりやすい。ただ、米中貿易協議の先行きへの警戒感から外国為替市場で円相場が円高・ドル安に振れている。日経平均は年初来高値圏で推移していることもあり、上値では利益確定売りも出そうだ。市場では2万3200~2万3400円の間での動きを予想する声があった。

 

13日の米株式市場で米ダウ工業株30種平均は上昇し、前日比92ドル高の2万7783ドルで終え、2日ぶりに過去最高値を更新した。パウエルFRB議長は13日の議会証言で「金融政策は現状が適切だ」と述べ、低金利が続くとの見方が買い安心感につながった。ただ、米中貿易協議の不透明感から伸び悩む場面もあった。米ウォール・ストリート・ジャーナル紙が13日、「関税が米中の部分合意の妨げになっている」と伝え、ダウ平均は取引開始直後に一時104ドル安まで下落。同日午後に「中国が米国産農産物の購入をためらっている」と伝わったことも重荷となった。

 

14日早朝の大阪取引所の夜間取引で日経平均先物12月物は2万3310円と、前日の清算値(2万3300円)を10円上回った。外国為替市場で円相場が1ドル=108円台後半と前日17時時点から円高・ドル安方向に振れている。輸出関連株には売り圧力がかかりやすく、上値を積極的に追うほどの勢いは期待しづらい。

 

個別ではLINE(3938)に注目だ。14日付の日本経済新聞朝刊は「検索サービス『ヤフー』を展開するZホールディングス(4689)とLINEが経営統合に向けて最終調整に入った」と報じた。統合後の利用者数は1億人を超える見通し。アジアへの事業展開も視野に入れているといい、将来の成長性や統合で株式価値が向上するとの期待から買いが先行しそうだ。13日の米株式市場でもLINEの米預託証券ADR)が急騰し、前日比26.6%高の51.63ドルで取引を終えた。

 

国内では企業の決算発表が続く。日本郵政(6178)など郵政グループ3社のほか、みずほFG(8411)や第一生命HD(8750)などが4~9月期決算を発表する。電通(4324)やすかいらーく(3197)などが1~9月期決算を発表する。

 

海外では、取引時間中に中国が10月の工業生産高や小売売上高を発表する。日本時間15日未明にはパウエルFRB議長が米議会下院の予算委員会で証言する。アプライドマテリアルズ(AMAT)やエヌビディア、ウォルマートが8~10月期決算を発表する。

 

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

 

私のコメント :   令和元年11月14日、13日の米株式市場で米ダウ工業株30種平均は上昇し、前日比92ドル高の2万7783ドルで終え、2日ぶりに過去最高値を更新した。国内では企業の決算発表が続く。日本郵政(6178)など郵政グループ3社のほか、みずほFG(8411)や第一生命HD(8750)などが4~9月期決算を発表する。電通(4324)やすかいらーく(3197)などが1~9月期決算を発表する。

 

f:id:toobridge1:20191103000612j:plain

 

令和元年(2019年) 11月14日、サムスングループがルノーサムスン自動車と結んだブランド利用契約を延長しないことにした

韓経:ルノーサムスン車、「サムスン」外す…20年で関係清算

11/14(木) 8:09配信

中央日報日本語版

配信より

 

サムスングループがルノーサムスン自動車と結んだブランド利用契約を延長しないことにした。ルノーサムスンは社名からサムスンを外し、サムスンのロゴも使用できなくなる。2000年に仏ルノーグループが旧サムスン自動車を買収して始まったサムスンルノーの関係が20年で清算される見通しだ。

業界によると、サムスングループは来年8月4日までとなっているルノーサムスンサムスンブランド利用契約を延長しないことにした。ルノーサムスンの2番目の株主のサムスンカードもルノーサムスンの株式(19.9%)売却を検討中という。

サムスンは2000年、ルノーグループにサムスン車を売却し、10年周期でルノーサムスンブランドを使用する契約を結んだ。サムスンブランド利用権を保有するサムスン電子サムスン物産がルノーサムスンの国内売上高の0.8%を受けてきた。

ルノーサムスンはブランド使用契約の終了に備えて今年上半期に釜山(プサン)工場でSM5の生産を打ち切ったのに続き、9月にはSM3とSM7の生産も中断した。その代わりルノーグループの海外工場で生産されたクリオとマスターの販売を増やしている。7月には職員のメールアドレスもルノーサムスンドットコムからルノードットコムに変更された。

サムスングループがルノーサムスン自動車とブランド契約を延長しないのは、提携による実益が大きくないと判断したからだ。サムスンブランドの使用でルノーサムスンから受けるロイヤリティーよりも多くの有形無形の損失が生じていると判断した。サムスンが2000年に旧サムスン自動車を仏ルノーグループに売却した後にも絶えず提起されてきた自動車事業再進出説を払拭できるという点も、ルノーと決別しようとする要因の一つだ。ルノーサムスンに強い労働組合ができて「労働組合リスク」が浮上した点もサムスンに負担になったという分析が出ている。

◆電装事業の強化に障害

サムスンは1995年、サムスン自動車を設立した。当時、李健熙(イ・ゴンヒ)サムスン会長は「サムスンが蓄積してきた電子分野の技術力と輸出ルート、関連分野で確保した内部人材を十分に活用すれば自動車事業をやっていけるという自信が生じた」と自動車事業進出の背景を説明した。

そのサムスン車が1998年、日産と提携して発売したSM5は人気を呼んだが、同年の通貨危機の衝撃を避けられなかった。貸出金利が上昇して資金繰り難となったサムスン車は1999年に法定管理(日本の会社更生法に相当)を申請した。この時期にルノーサムスン車を買収し、サムスンルノーの関係が始まった。

当時、サムスンルノーと2つの条件に合意した。ルノーサムスンという社名を使用できるようにし、サムスンカードがルノーサムスンの2番目の株主として残るということだった。「韓国で自動車事業をするにはサムスンの技術力とサムスンというブランドが必要」というルノーの要求によるものだった。

初期はサムスンも少なからず利益を得た。サムスン電機をはじめとするサムスン系列会社がルノーサムスンに安定的に納品できた。ルノーグループから毎年、サムスンブランド利用料と数百億ウォンの配当金も受けた。

しかし最近は提携関係がむしろサムスンの足かせになっているという指摘が出ている。ルノーサムスンが20年目を迎え、サムスンが依然として自動車事業に関心があるのではという見方が絶えなかった。サムスンがバッテリーや自動車半導体など電装事業を強化したことで「サムスン自動車事業再進出説」はさらに強まった。

 

サムスン電子は2016年、9兆2000億ウォンを投じて米電装会社ハーマンを買収したのに続き、昨年は電装用半導体を未来の成長事業に選定した。このため現代自動車をはじめとする一部の自動車企業はサムスンの部品をあまり使用しないというのがサムスンの判断だ。サムスンルノーとの関係を清算すればこうした疑心を払拭できると判断している。

ルノーサムスンの労使問題も負担

サムスンルノーサムスンの労使関係も不安要素と見ている。サムスンカードがルノーサムスンの2番目の株主であるだけで、サムスンルノーサムスンの経営に全く関与していない。しかしルノーサムスンに労使問題が生じるたびにサムスンがうまくいっていないという印象を与えるというのが、サムスングループの判断だ。

かつてルノーサムスンは「労使関係模範生」と呼ばれたが、昨年から雰囲気が急変した。労働組合は基本給の大幅引き上げを要求し、会社側は新車配分を控えた状態であり賃金を据え置くべきだと対抗した。労働組合は昨年10月、4年ぶりにストライキをした。その2カ月後、パク・ジョンギュ新労働組合委員長が就任し、労働組合はさらに強硬になった。パク委員長は2011年に従来の労働組合(上級団体に所属しない企業労働組合)とは別に全国民主労働組合総連盟(民主労総)ルノーサムスン支会を設立した人物だ。

SUV「ローグ」生産を委託していた日産は労働組合のストを理由に委託物量を年10万台から6万台に減らした。史上初の全面ストまで強行した末、ルノーサムスン労使は今年6月、2018年度賃金および団体協約交渉(賃金団体交渉)を終えた。しかし2019年度の賃金団体交渉も難航が予想される。労働組合は今年も基本給引き上げを要求し、会社は拒否している。

来年以降は労使対立がさらに深刻になるという見方も出ている。生産台数が減り、構造調整が避けられないからだ。サムスン関係者は「ルノーサムスンの労使関係などのいくつかの事項を考慮してブランドに関する多様な案を議論中」と伝えた。

※本記事の原文著作権は「韓国経済新聞社」にあり、中央日報日本語版で翻訳しサービスします。

 

最終更新:11/14(木) 8:09
中央日報日本語版

 

私のコメント :  令和元年(2019年) 11月14日、サムスングループがルノーサムスン自動車と結んだブランド利用契約を延長しないことにした。ルノーサムスンは社名からサムスンを外し、サムスンのロゴも使用できなくなる。

2000年に仏ルノーグループが旧サムスン自動車を買収して始まったサムスンルノーの関係が20年で清算される見通しだ。

サムスン電子は2016年、9兆2000億ウォンを投じて米電装会社ハーマンを買収したのに続き、昨年は電装用半導体を未来の成長事業に選定した。このため現代自動車をはじめとする一部の自動車企業はサムスンの部品をあまり使用しないというのがサムスンの判断だ。サムスンルノーとの関係を清算すればこうした疑心を払拭できると判断している。

 

f:id:toobridge1:20191103000612j:plain

 

15日は七五三の日。子どもの記念撮影を楽しみにする保護者が増える中、兵庫県 三輪神社、三田天満神社、

七五三の衣装対応分かれる二大神社 込められた優しい思い

11/13(水) 10:30配信

神戸新聞NEXT

 15日は七五三の日。子どもの記念撮影を楽しみにする保護者が増える中、兵庫県三田市内の二大神社で衣装への対応が分かれている。三輪神社(三輪3)は「着飾らなくても普段着で大丈夫」と参拝客に呼び掛ける一方、三田天満神社(天神3)は特設スタジオを設けて貸衣装もそろえる。思惑を聞くと、それぞれに子どもたちへの優しい思いが込められていた。(山脇未菜美、門田晋一)

【写真】小学校卒業式、はかま人気じわり 過熱案じる声も

 「できるだけ子どもへの配慮をお願いします」。三輪神社は、祈とうの申し込みがあった保護者には必ずそう伝えているという。

 背景には、記念写真を重視する保護者の増加にある。菓子メーカー「不二家」が2017年に母親ら200人を対象にしたアンケートでは、78%が七五三祝いで子どもに衣装を着せたと回答。うち64%が「貸衣装などの専門店や写真スタジオでレンタルした」としており、近年は着飾って参詣する親子も目立つ。

 「子どもが周りの服装を見て負い目を感じてほしくない」と同神社。誰もが喜ぶ行事になるのが望ましいとし、子どもに千歳飴やお守りを詰めた袋を渡す際も、うらやましがるきょうだいへのプレゼント用に風船や縄跳びを用意している。

 氏子総代の生田敏雄さんは「着物や袴でなくても大丈夫。気負わずに伝統を知ってもらいたい」と話す。

 片や、三田天満神社では、地元の写真館が社務所に特設スタジオを設け、衣装店がレンタル用に着物や袴を用意。日本の伝統衣装に触れてほしい、との願いがあるという。

 写真館によると、予約が混み合う大手チェーン店では事前に「前撮り」を済ませ、当日は着付けだけになりがち。神社に着く頃には着崩れする子も多く、当日に着て撮影、参詣をセットで楽しめるようにした。

 境内には“名物カメラマン”もいる。氏子総代長を務めた安平正明さん(78)は撮影ボランティアを務め、おもちゃも使ってベストショットを連発。神社には「おじちゃんがいる時にお参りしたい」と指名も入るという。「子どもの笑顔は宝物。保護者が喜んでくれるならいつまでも続ける」とほほえむ。

 七五三は子どもの死亡率が高かった時代、節目の年齢まで成長できたことに感謝する神事だった。江戸期に徳川綱吉が長男徳松の「袴着の儀」を鬼宿日で縁起のいい11月15日にしたことが「15日祝い」の由来として有力という。ただ近年は日程をずらす家族も多く、三田の神社も11月は毎週末、参拝客であふれている。

 三輪神社TELTEL079・562・4726。三田天満神社TEL079・562・2647

 

最終更新:11/13(水) 10:42
神戸新聞NEXT

 

f:id:toobridge1:20191114065813j:plain

f:id:toobridge1:20191114065857j:plain

f:id:toobridge1:20191101114622j:plain

f:id:toobridge1:20191101114550j:plain

f:id:toobridge1:20191031200156j:plain

f:id:toobridge1:20191031200143j:plain

f:id:toobridge1:20191031200213j:plain

 

堤防の耐震性能が不足していることが分かった芹川ダム(滋賀県多賀町)で13日、耐震補強工事の起工式と安全祈願祭が行われた

堤防の耐震性能補強、芹川ダムで工事起工式

11/13(水) 22:48配信

京都新聞

配信より

 

 耐震診断の結果、堤防の耐震性能が不足していることが分かった芹川ダム(滋賀県多賀町)で13日、耐震補強工事の起工式と安全祈願祭が行われた。県や町、地元関係者らが出席し、工事の安全を祈った。診断結果を受けて補強工事に着手したダムは県内で初めて。


 芹川ダムは農業用利水ダムで、1956年に完成した。約142万立方メートルを貯水し、彦根市多賀町にまたがる農地306ヘクタールに供給している。2011年の東日本大震災福島県内の農業用ダムが決壊し死者が出たことから、滋賀県でもダムの耐震診断を進めていた。県は、芹川ダムが決壊した場合の被害を、死者401人、家屋の全壊38戸、半壊199戸などと試算している。


 工事は堤防から3分の1程度に当たる約7万立方メートルの土を削り、セメント固化剤などと混ぜ合わせ、再び堤防に盛る。21年6月に完成予定で、事業費は約14億円で、国と県が約9割を負担する。


 同ダムの管理などをしている芹川沿岸土地改良区理事長の土田勝一さん(68)は起工式で、「地域の安全を確保し、未来永劫(みらいえいごう)にわたり水田に水を供給し続ける新しい芹川ダムによみがえることを期待している」とあいさつした。

 工事は堤防から3分の1程度に当たる約7万立方メートルの土を削り、セメント固化剤などと混ぜ合わせ、再び堤防に盛る。21年6月に完成予定で、事業費は約14億円で、国と県が約9割を負担する。

 同ダムの管理などをしている芹川沿岸土地改良区理事長の土田勝一さん(68)は起工式で、「地域の安全を確保し、未来永劫(みらいえいごう)にわたり水田に水を供給し続ける新しい芹川ダムによみがえることを期待している」とあいさつした。

 

最終更新:11/13(水) 22:48
京都新聞

 

f:id:toobridge1:20191112015532j:plain

f:id:toobridge1:20191112190759j:plain

 

JR西日本は13日、湖西線で14日の早朝から昼にかけて強風が見込まれるため、列車の遅れや運転取り止めが発生する可能性がある、と発表

JR湖西線で遅れや運休の可能性 特急「サンダーバード東海道線経由に

11/13(水) 20:03配信

京都新聞

配信より

 

 JR西日本は13日、湖西線で14日の早朝から昼にかけて強風が見込まれるため、列車の遅れや運転取り止めが発生する可能性がある、と発表した。運転取り止めの可能性があるのは山科駅近江塩津駅間。

【写真】湖西線の「比良おろし」防風柵

 また、以下の特急サンダーバード号は東海道線米原経由に運転経路を変更する。
 各駅到着には20~40分の遅れが見込まれるという。

 【大阪・新大阪・京都⇒福井・金沢方面】
 サンダーバード1号(大阪駅午前6時30分発)~サンダーバード7号(大阪駅午前8時10分発)まで。敦賀駅以降、福井・金沢方面の各駅到着時刻に20~40分の遅れが見込まれる。このため、金沢駅での北陸新幹線には通常通りの乗換えはできず、後続の新幹線を利用してもらう場合がある。

 【金沢・福井⇒京都・新大阪・大阪方面】
 サンダーバード2号(金沢駅午前5時35分発)~サンダーバード8号(金沢駅午前7時15分発)まで。京都駅新大阪駅大阪駅の到着時刻に20~40分の遅れが見込まれる。このため、京都駅・新大阪駅東海道・山陽新幹線には通常通り乗換えはできず、後続の新幹線を利用してもらう場合がある。

 強風の状況によっては、これ以降のサンダーバード号についても、運転経路変更となる場合があるという。

 

最終更新:11/14(木) 0:54
京都新聞

 

f:id:toobridge1:20191112015532j:plain

 

13日午後5時すぎ、神戸市中央区、阪急電鉄神戸三宮駅西口で、水があふれた。

阪急・三宮駅西口で漏水 通路に水があふれ2時間封鎖

11/14(木) 0:04配信

神戸新聞NEXT

 

 13日午後5時すぎ、神戸市中央区阪急電鉄神戸三宮駅西口で、水道管のバルブが折れて水があふれた。水が通路にたまったため、同電鉄は約2時間、西口改札を封鎖した。

 同電鉄によると、構内で、配管の撤去作業が行われており、作業中に水道管のバルブが折れたという。電車の運行に影響はなかった。

 普段から西口改札を利用する神戸市東灘区の女性会社員(38)は「遠回りしないといけないので、目的の電車に乗り過ごしそう」と東口改札へ足早に向かった。

 

最終更新:11/14(木) 0:07
神戸新聞NEXT

  

f:id:toobridge1:20191111224448j:plain